法医組織病理学 澤口/聡子 訳 W. Janssen[編] 原著

商品 > 2012年発行 > 2012年05月発行 > 法医組織病理学 澤口/聡子 訳 W. Janssen[編] 原著
商品 > 法医組織病理学 澤口/聡子 訳 W. Janssen[編] 原著
商品 > 基礎医学 > 法医組織病理学 澤口/聡子 訳 W. Janssen[編] 原著
商品 > 基礎医学 > 法医学 > 法医組織病理学 澤口/聡子 訳 W. Janssen[編] 原著
978-4-621-06496-2

法医組織病理学 澤口/聡子 訳 W. Janssen[編] 原著

(978-4-621-06496-2)

本書はミクロの微細組織病理学が主体となっている.法医学の観点からの組織病理学的微細構造を統合してまとめた教科書としては,本書が初めての試みであった.法医学上の一般的な所見のほかに,著者が様々な問題点を提起して,将来に向けた展望を広げている.臨床で見られる人体のあらゆる損傷に対する組織構造の変化を明らかにすることを目的として構成し,イラストと図表を含め,多数の組織写真を用いて,わかりやすく著述しており,更に詳細な文献の調査も行っている,法医学的な見地からは,麻薬,薬物,アルコール等によって損なわれた組織学的変化が明示されている.また損傷による物理的,化学的な組織の損傷と,死後損傷の基礎的問題点が明確に示されている.法医学的な人体損傷の鑑定には,組織学的検査所見を検討することが必須で,科学的鑑定上重要になると考えられる.本書は,法医学的鑑定の科学的信頼性を高めることができる専門的教科書.

●判型:B5
●ページ数:350
●発行年月:201205
●出版社:丸善出版

●ISBNコード:978-4-621-06496-2(9784621064962)

在庫状態 : 在庫有り
¥9,500(税別)
数量