出生と死をめぐる生命倫理 連続と不連続の思想 仁志田/博司 著

商品 > 2015年発行 > 2015年11月発行 > 出生と死をめぐる生命倫理 連続と不連続の思想 仁志田/博司 著
商品 > 保健・体育 > 出生と死をめぐる生命倫理 連続と不連続の思想 仁志田/博司 著
商品 > 出生と死をめぐる生命倫理 連続と不連続の思想 仁志田/博司 著
商品 > 保健・体育 > 母性保健・小児保健・育児学 > 出生と死をめぐる生命倫理 連続と不連続の思想 仁志田/博司 著
978-4-260-02401-3

出生と死をめぐる生命倫理 連続と不連続の思想 仁志田/博司 著

(978-4-260-02401-3)

40年にわたり日本の新生児医療を牽引してきた著者が、臨床で経験した事例や海外の事例を交えつつ、周産期における生命倫理の考え方を述べる。1970年代はじめの日本において、臨床倫理の素地を関係者たちと固めていった歴史的な観点も踏まえて倫理観を語り、出生をめぐる生命倫理を考える道筋を読者に示す。

●判型:A5
●ページ数:256
●発行年月:201511
●出版社:医学書院

●ISBNコード:978-4-260-02401-3(9784260024013)

在庫状態 : 在庫有り
¥2,700(税別)
数量